ブログ

試験が返却されてます

中3生は全員毎日、時間無制限でこの1年やってきましたので、ここ最近のテストの結果は

毎回安心して聞くことができます。むちゃくちゃできるとはいいませんがこちらの予測点数を安定してとるのですよね。ほぼ全員がトータル的に右上がりなので、このままいけば…というところ。

 

それより気になるのが中1生。。。。

いや、こんなん言ったら保護者の方に怒られますが、点数だけではないとは思っているのですよ(実際は)

まあ、中2もなかなかすごいのがいるのですが、この1年で意識改革はできたかと…

1年の何が気になるのかというと、今日返されたテストの点数を覚えていないということ

そもそも、自分の点数を気にしてないので、当然覚えていない。

そもそも成績あげたいという意識がないので、前回と比べて上がったかどうかも気にしてない。。。

もちろん、テストの復習もしていない、とまさに負のスパイラル。

自分がとった点数すら覚えてないって、そら成績あがらんわな・・・と悩んでいるところです。

テスト却って来たら、私は全員に点数を聞くのですが、成績上位者は

「先生、下がったわ~ まえより5点も下がったわ~」

とか、聞いてもないのに、どこ間違ったのかとかの(言い訳?)をしてくれる等意識が高いです。

 

逆に成績不振の生徒は、そもそも何を返されたかもわかってない。(記憶から消しているのか?)

 

このあたりの意識改革が中1には必要ですね。

貪欲に点数を追っていきたいものです。