ブログ

おはようございます

前の話の続きですが・・・

そう、あれ

 

 

 

9-26-08-ds_cat

 

ゲームの話。

なんとか手を打ちたいものですね。解決策としてベストの答えはありませんが、いくつかあげておきます

①取り上げる。

単純明快な答え。「あなたが働いて買ったものではないのであなたのものではない」と「やることやらん人に」渡す必要はない」とビシッっと線引きする。

実際この方法をとってる方、多いですよね。家に置いておくとなんやかんやでまたやってしまうからと、塾に預ける方もいらっしゃいます。実際この教室にもDSが2つほど預かってます。

多少の反抗はあるかもしれませんが、ゲームはしなくなりますね

はゲームをしなくなったからと言って勉強するようになるかどうかですね

 

②1日の時間を決める

ゲームは毎日1時間まで!と決める方法。生徒が自発的に時間を守るとは考えにくいので保護者が時間管理する必要があります。1時間で自動で切れる設定ができればいいのですが・・・

ある程度勉強の意識を持ってる生徒なら、この方法が最適化も

③毎日やることやったらゲームを渡す

先に、勉強、宿題、明日の用意。すべてやったらゲームを渡す。

ちなみに我が家はこの方法に近いかな。

問題は生徒は適当に宿題や勉強をやって、「終わった」と言いますので、細かなチェックが必要かと

④いっそのこと開き直って好きなだけやらす

ネットとかで書かれてることですが、辞めさせようとするから返ってやりたくなってしまうらしいです。どんどんやっていいよと言われると人は却ってやる気がなくなるようです。

確かに。と思いながらも非常にリスクがある気が・・・

どなたか成功事例でてるようなら教えてくださいませ

⑤1週間に7時間と時間を決める

②の発展バージョン。今日は2時間やったから明日はやらない。1週間我慢して最後の日に目いっぱいやる等。生徒に計画性がでると最近評判の方法。たぶん一番いいかも・・・問題は

誰が時間管理するねん!!

ということ。

 

 

まだまだあるかと思いますが、よく言われてることをまとめてみました

1番大事なこと。そしていいたかったこと。どれにも共通してますが

結局お母様が管理していかないとなにも変わらない。

です。強い意志でやり通すことが大事です。どこの生徒もみな同じです。自発的になんてことは起こりません

今、問題がでてるなら、今なんとかしましょう。あとになればなるほどしんどくなりますしね。

そのための協力、相談は当教室でも惜しみません。なんでも言いに来てください。